顔や肌にできてしまうシミの種類や原因を徹底リサーチ

顔のシミ 画像

年を重ねていくごとに目立ち始める顔のシミ。
毎日鏡を見るたびにシミが気になって、お悩みの女性も
多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこで、シミに悩まされない為、シミにお悩みの方の為にも、
顔にできてしまうシミの種類や原因、その予防・改善策を
探ってみようと思います。

 

 

シミの原因となるメラニンとは

 顔のシミ 画像

 

シミ・美白となると話題になるキーワードと言えば、メラニンですね。
美容に詳しい皆さんならご存知の方も多いのではないでしょうか?

 

何となく名前は知っていても、詳しいことは理解出来てない方も
いらっしゃると思うので、簡単に説明します。

 

 

メラニンと言うのは、フェオメラニン・ユーメラニンという2種類に分けられ、
フェオメラニンの色は黄色・赤色、
ユーメラニンの色は褐色・黒色のメラニン色素のこと。

 

この2種類の比率であなたのお肌や髪の色が決まるんですね。

 

 顔のシミ 画像

 

外部からの刺激などが引き金で酸化酵素が生まれ、
メラニンの生成が行われます。

 

普通ならお肌のターンオーバーのおかげで
角質と一緒に排出されますが、お肌のトラブルで
メラニン過剰だったり代謝が悪いと、
排出しきれず蓄積していってしまいます。

 

そうして蓄積されてしまったメラニン色素が、女性の大敵である
日焼け・シミなど色素沈着の原因となるんですね。

 

 

顔に出きるシミの種類

 

シミの種類には次のようなものがあります。

 

肝斑(かんぱん)

 顔のシミ 画像
肝斑(かんぱん)は30〜40代女性に発生しやすいシミで、
額・目の周り・頬に左右対称にあらわれ、
全て同じような均一の褐色のシミです。

 

多くが閉経と同じ時期に消えるということで、肝斑には
女性ホルモンに関係があると言われています。

 

老人性色素斑

 顔のシミ 画像
もっともシミとして多い種類のものが、紫外線が原因で発生する
この老人性色素斑です。

 

紫外線を浴びてしまいやすい頬骨・皮膚の薄いデリケートな目元などに
よく見られ、大きさとしては数o〜10mmほどの丸いシミが老人性色素斑です。

 

そばかす

 顔のシミ 画像
原因として遺伝性が一番強く、小さめの薄い褐色のシミが鼻を中心に
散らばって発生するのがそばかすです。

 

これは年齢と共に濃くなる薄くなると変化がありますが、
紫外線が刺激となり濃くなってしまうこともあります。

 

 

シミと言えば大まかに言ってこれら3つに分類されますが、これ以外にも
生まれつきある遅発性両側性太田母斑という青色・茶褐色のシミや
角化が進行しシミからイボ状になった脂漏性角化症などもあるので
自分のシミがどの種類なのか見極める事が大事です。

 

 

シミの原因とは

 顔のシミ 画像

 

シミの原因として、以下のようなものがあげられます。

 

1.加齢
2.女性ホルモン
3.日焼けなど紫外線
4.内臓疾患やトラブル
5.食べ物や食生活の乱れ
6.ストレスや自律神経の乱れ
7.間違ったスキンケアなどの過剰なお肌への刺激

 

などたくさんあります。

 

シミの原因は様々で、ひとつの原因だけでなく
複合的にあわさっている場合も考えられます。

 

 

原因の中でも、特に大きいとされているのが日焼けなどのUV(紫外線)です。

 

 顔のシミ 画像

 

紫外線にお肌がさらされると、肌細胞が大きなダメージを受け、
細胞であるメラノサイトが刺激され、体内で「メラニンをもっと生成しなさい」
という指令が出る為、メラニン過剰になってしまうというわけです。

 

また、他の原因でシミができていなくても、そこに紫外線の刺激が
加わることで悪化し、シミができてしまうなんてことも多いそうです。