シミ予防におすすめの薬やシミ予防サプリに含まれる成分や具体的な効果

シミ予防 画像

お肌の目立つシミを改善するためには、色素沈着を改善するのに
効果が高いとされる配合成分が含まれた
シミ改善に効果的な薬・シミ予防サプリがおすすめです。

 

そこで、豊富な商品の中から特におすすめのシミ改善に効果的な薬・
シミ予防サプリの配合成分をその効果を一緒に紹介していきます。

 

 

効果で分類した有効成分

 

メラニンを抑制し正常化
ビタミンC(アスコルビン酸)

シミ予防 画像

 

活性酸素を抑制してくれると有名な抗酸化ビタミンで、美容はもちろん、
健康にも有効なエイジングケア効果のある成分です。

 

シミの原因となるメラニン生成を抑制してくれるだけでなく、
お肌のハリの元でもある「コラーゲン」の生成促進、さらに
風邪予防、疲労回復などとても有能な有効成分というわけです。

 

 

L-システイン

シミ予防 画像

 

元から人の髪・爪・皮膚などにあり、代謝促進をサポートするアミノ酸。
食事などで口から摂取するのが難しいので、
体内に不足しやすい有効成分と言われています。

 

メラニンの過剰発生を抑制し正常化、色素沈着してしまった
メラニンを薄くしてくれる働きもあります。

 

また、体内で美肌に欠かせないコラーゲンを生み出してくれるサポートも
してくれるので、若々しいハリ・弾力をもたらしてくれ、
お肌のいろんなトラブルに効果的な有効成分というわけです。

 

 

トラネキサム酸(トランサミン)

シミ予防 画像

 

皮膚科などを受診しシミを改善する場合、処方される治療薬に
多く配合されている有効成分で、抗アレルギー、抗出血、抗炎症に
効果があります。

 

この他にも湿疹や口内炎などにも有効と言われています。

 

 

インドキノキ

シミ予防 画像

 

古くから海外で老化防止のできる有効成分として
愛用されてきた植物エキスです。

 

インドキノキは、他の植物にはない強い生命力があり、そこから
丁寧に抽出されるエキスには、すばらしい美白効果があると言われています。

 

 

過剰なメラニンを体外へ排出

 

アスタキサンチン

シミ予防 画像

 

赤い色素の抗酸化作用のあるカロテノイドです。
他の有効成分と比較しても特に強力な抗酸化力があり、注目度の高い
エイジングケア効果も優秀とされる成分です。

 

とても高い活性酸素を排除してくれる効果があり、メラニン除去効果もあり
シミの原因となる色素沈着を防いでくれます

 

しかも、もう肌にあるシミにも改善効果がある
研究実験で結果も証明された期待の有効成分です。

 

 

ビタミンE

シミ予防 画像

 

シミの原因となる色素沈着を予防してくれる美白成分です。
強力な抗酸化力と新陳代謝の促進サポートで、お肌の老化にも効果的です。

 

特に注目すべきは強力な抗酸化作用で、悪影響のある活性酸素を排除し、
メラニンの排出もサポートしてくれるので、
シミに有効な成分だと言われています。

 

 

お肌の新陳代謝アップ、ターンオーバーの促進と正常化

 

セラミド

シミ予防 画像

 

お肌の代謝アップに欠かせないのは、保湿と潤いです。
優れた保水効果がセラミドにはあり、お肌に豊富に水分をあたえ、
キープしてくれる効果があります。

 

乾燥に負けない潤いのある健康的な肌は、ターンオーバーも正常で、
シミの原因であるメラニンなどの不要なものをきちんと排出できるんですね。

 

 

プラセンタ

シミ予防 画像

 

メラニン生成を抑制してくれるだけでなく、血行促進効果もあり、
お肌の奥深くにある真皮の新陳代謝まで促進してくれ、
メラニン色素などの余計な古い細胞を排出してくれます。

 

つまり、真皮まで深く沈着しているシミにも効果的な有効成分として
評判ということです。

 

 

副作用の危険性はあるのか?

 シミ予防 画像

 

一般的にシミ改善に効果的な薬・シミ予防サプリによる重い副作用の
危険性はないとされていますが、医薬品指定の商品は特に用法用量を
しっかり守って服用してください。

 

用法容量を誤って飲んだ場合、腹痛や下痢嘔吐などの副作用が出てしまう
可能性もなくはないので注意しましょう。

 

これは副作用ではありませんが、ビタミンCやアスコルビン酸が多い薬や
シミ予防サプリの服用をしていると、尿などの黄色が濃くなる場合がありますが、
悪い異常というわけではないので心配しないでください。

 

こういったシミ改善に効果的な薬・シミ予防サプリの中には、
妊娠中や授乳中などでも飲める商品も販売されていますので、
ホルモンバランスが崩れてシミができてしまうことの多いデリケート期にも
お試ししてみてはいかがでしょうか?