シミの予防・対策に必要なアイテムをランキングから探そう

シミ予防 画像

シミのないお肌を維持するために、美白化粧品を使うなど
多くの女性が、日々さまざまな努力をされていますよね。

 

シミ予防をする方法はいくつかありますが、美白化粧品は
白斑のリスクがありますし、肌に合わない可能性もあります。

 

シミ予防 画像

 

そこでおススメなのが、シミ予防サプリや医薬品で体の内側からシミを
予防する「インナーケア」です。インナーケアによって
色素沈着を防ぐ、無色化するなど根本的なシミ予防が可能です。

 

 

シミを予防したい方、出来てしまったシミを消したい方、シミに効く薬やシミ予防サプリで
効果的なシミ予防・シミ対策をしてみてはいかがでしょうか?

 

こちらでは、シミ予防ができる医薬品やサプリから、特に効果が高いと口コミで人気
商品をご紹介しています。効果的なシミ予防がしたい方はぜひご覧ください。

 

シミ予防薬・シミ予防サプリランキング【口コミ人気最新版】

ロスミンローヤル(アインファーマシーズ)
ロスミンローヤルとは?

日本で唯一の「シミの治療が可能」な医薬品
シミ予防はもちろん、既に出来てしまったシミも改善できる。

シミに働きかける成分として、ビタミンCやL-システインが
バランスよく含まれていて、そばかすや肝斑の予防にも効果的

また、他のシミ予防薬やシミ予防サプリには無いこだわりとして、
「9種の生薬」による、優秀な健康維持・美容効果が期待できる。

販売実績、口コミ評価ともに高く、シミ予防薬としては
今もっとも売れている人気の商品

価格 8,208円2,052円
シミ予防評価 シミ予防 評価
価格・通販情報 期間限定で今なら初回75%OFF、定期コースなら2回目以降も25%OFF+

全国送料無料(最低継続回数1回[初回解約OK])

ロスミンローヤルのこだわり

270錠(約1ヶ月分[1日9錠(3錠×3回)])
厚労省に効果を認められた第3類医薬品
<効果>
国内で唯一シミと小じわに効く医薬品
肝斑、そばかす、ニキビ、肌荒れにも効果的
健康維持作用として、のぼせ、目まい、耳鳴り、
冷え性、手足の冷感、腰部冷感の改善にも効果的
妊娠授乳期や病中病後、食欲不振時の栄養補給としても
<シミ予防成分>
9種の生薬を含む22種類の有効成分を配合
ビタミンC:180mg、L-システイン:160mg(1日9錠中)

 

キミエホワイト(富山常備薬グループ)
キミエホワイトとは?

シミ予防のためにつくられた医薬品として有名な商品。
愛飲者やリピーターが多いことが特徴。

富山常備薬グループ社員が自分の母のためにつくったものを
リリースしたシミ予防薬。

顔のシミ予防を中心に、腕や背中など体中のシミ対策にも
効果が期待できる。

新たに「キミエホワイトプラス」としてリニューアル。
シミ予防成分L-システインの含有量が240mgにアップ
さらに、美容成分パントテン酸カルシウムも配合。

価格 4,536円2,052円
シミ予防評価 シミ予防 評価
価格・通販情報 定期購入なら初回55%OFF+全国送料・代引き手数料無料

(最低継続回数:1回[初回解約OK])

キミエホワイトのこだわり

180錠(約1ヶ月分[1日6錠(2錠×3回)])
厚労省に効果を認められた第3類医薬品
<効果>
シミ予防をはじめ、そばかす、日焼けやかぶれによる
メラニン沈着の緩和にも効果的。
肉体疲労や授乳・妊娠中、病中病後のビタミンC補給にも。
<シミ予防成分>
ビタミンC:500mg、L-システイン:160mg(1日6錠中)

 

ミルセリンホワイトNKB(京都薬品ヘルスケア)

ミルセリンホワイトNKB

ミルセリンホワイトNKBとは?

京都薬品ヘルスケアが開発したシミ予防薬。

シミ予防に効果的なL-システイン240mg
ビタミンC1000mgも配合されているのが特長。

シミ予防はもちろん、大人ニキビやそばかす等
肌トラブルに幅広くアプローチができる。

システイン臭が気にならない特殊コーティング剤。

価格 2,980円
シミ予防評価 シミ予防 評価
価格・通販情報 定期購入なら26%OFF、3個まとめ買いなら1個あたり2,000円
ミルセリンホワイトNKBの特徴

180錠(約1ヶ月分[1日6錠(2錠×3回)])
厚労省に効果を認められた第3類医薬品
<効果>
シミの予防、出来てしまったシミの緩和・改善。
大人ニキビや生理前のニキビにも効果的。
そばかすや肝斑など顔のトラブル全般におすすめ。
<シミ予防成分>
ビタミンC:1000mg、L-システイン:240mg(1日6錠中)

 

トランシーノ ホワイトC(第一三共ヘルスケア)

トランシーノ ホワイトC

トランシーノ ホワイトCとは?

第一三共ヘルスケアから誕生したシミ予防ブランド
「トランシーノ」の新商品。

ビタミンCをはじめ、高濃度のL-システインを配合しており
高いシミ予防効果が期待できる。

1日2回の服用で、体の内側からシミ・そばかす予防ができる
製薬会社がつくった第3類医薬品。

価格 2,808円
シミ予防評価 シミ予防 評価
価格・通販情報 全国送料無料
トランシーノ ホワイトCのこだわり

180錠(約1ヶ月分[1日6錠(3錠×2回)])
厚労省に効果を認められた第3類医薬品
<効果>
肌に沈着したメラニンの無色化、ターンオーバーの促進による
メラニンの排出でシミ予防だけじゃなく、シミ改善にも効果的。
そばかすの改善や妊娠、授乳期、病中病後のビタミンC補充にも。
<シミ予防成分>
ビタミンC:1000mg、L-システイン:240mg(1日6錠中)

 

シミトール(水橋保寿堂製薬)

シミトール

シミトールとは?

シミ予防に欠かせないビタミンCを業界最高の2000mgを配合した
シミの予防、改善のためだけに作られた医薬品。

新たなシミの予防をはじめ、既に出来てしまったシミの緩和にも
効果的。シミを薄く目立たなくして、透明感のある肌へと導く。

一般的に高額な商品が多いシミ予防薬の中では、かなり
リーズナブルな価格でお試しできる、口コミでも人気の商品。

価格 3,780円
シミ予防評価 シミ予防 評価
価格・通販情報 期間限定で今なら64%OFF、定期購入なら2回目以降も26%OFF+

全国送料無料+嬉しい特典もれなくプレゼント(最低継続回数:3回)

シミトールのこだわり

180錠(約1ヶ月分[1日2錠(1錠×2回)])
厚労省に効果を認められた第3類医薬品
<効果>
メラニン色素の沈着を防ぎ、シミ予防をはじめとして
そばかすや日焼け痕、かぶれの緩和にも効果的
豊富なビタミンCを含んでいるため、授乳中や妊娠中、
また、病中病後や老年期のビタミンC補充としてもおすすめ
<シミ予防成分>
ビタミンC:2000mg、L-システイン:なし(1日2錠中)

 

ハイチオールCプラス(エスエス製薬)

ハイチオールCプラス

ハイチオールCプラスとは?

エスエス製薬がつくったシミ予防薬で、一般的にも
よく知られている知名度の高さが特徴。

シミ予防に効果がある、アスコルビン酸やL-システインを
バランスよく配合していて、優秀な作用が期待できる。

シミ予防をはじめ、二日酔い対策などお酒のお供にも効果的
メーカー、商品共にネームバリューがあり信頼性が高い医薬品。

価格 4,200円1,865円
シミ予防評価 シミ予防 評価
価格・通販情報 期間限定で今なら56%OFF
ハイチオールCプラスのこだわり

180錠(約1ヶ月分[1日6錠(2錠×3回)])
厚労省に効果を認められた第3類医薬品
<効果>
シミやそばかす、日焼けによるメラニンの沈着を予防する。
ニキビやじんましん、湿疹、かぶれ、薬負けにも効果的。
二日酔い対策などお酒のお供、全身の倦怠感改善にも。
<シミ予防成分>
ビタミンC:500mg、L-システイン:240mg(1日6錠中)

 

ホワイトショット インナーロックSX(ポーラ)

ホワイトショット インナーロックSX

ホワイトショット インナーロックSXとは?

ポーラ化粧品が立ち上げた、ベストコスメ大賞受賞の美白ブランド
「ホワイトショット」から誕生した美白シミ予防サプリ。

自社オリジナル成分の「ブランノール(R)」を配合しており
他のシミ予防薬には無い角度からシミへ働きかける。

からだの中から突き抜ける透明感をサポートする
食べるホワイトショットとして人気の商品。

価格 6,480円
シミ予防評価 シミ予防 評価
価格・通販情報 特に無し
ホワイトショット インナーロックSXのこだわり

60粒入り(約1か月分[1日2錠(1錠×2回)])
<効果>
L-システインやトラネキサム酸よりもメラニンの抑制力がある
ブランノールRにより、高いシミ予防効果が期待できる。
<シミ予防成分>
ビタミンC:45mg、ブランノール(R):190mg
L-システイン:なし(1日6錠中)

 

ピュアホワイトW(資生堂)

ピュアホワイトW

ピュアホワイトWとは?

資生堂がつくった美白効果が期待できるシミ予防サプリ。

独自成分のクコの実をはじめ、ビタミンCやアスタキサンチンなど
シミ予防はもちろん、健康維持や美容効果にも効果的。

シミ予防サプリとドリンクタイプの2種類が用意されているのが特徴。

価格 4,000円3,333円
シミ予防評価 シミ予防 評価
価格・通販情報 期間限定で今なら17%OFF
ピュアホワイトWのこだわり

270錠(約1か月分[1日9錠(3錠×3回)])
<効果>
豊富なビタミンCによるメラニン沈着の予防を中心に
クコの実によるターンオーバーの活性化でメラニンを排出し
優秀なシミ予防、改善効果が期待できる。
<シミ予防成分>
ビタミンC:1000mg、L-システイン:なし(1日9錠中)
クコの実エキス:1500mgアスタキサンチン:1mg

当サイトのランキングは、各シミ予防薬・サプリの販売実績やリピート率、顧客満足度、
また各口コミサイトのレビューや体験談の評価を元に順位づけを実施しております。


シミ予防薬・シミ予防サプリランキングのまとめ

今回、ご紹介したシミ予防で人気の医薬品、シミ予防サプリを
一覧でまとめると、次のようになります。

 

シミ予防 画像
※表示価格はすべて税込価格
※美容効果:シミ予防以外のニキビ,肌荒れなど
※健康維持:のぼせ,目まい,冷え性,栄養補給など

 

 

シミ予防でもっともおすすめはロスミンローヤルです。

 

 ロスミンローヤル 画像

 

国内で唯一、シミを治療できる医薬品として認定されており
高いシミ予防・改善効果が期待できます。

 

 

シミによく効くビタミンCやL-システインなどの成分をはじめ、
トウキ、シャクヤク、ローヤルゼリーなど9種の生薬が配合されています。

 

これにより、日焼けによるシミにはもちろん、肝斑やそばかすなど
ストレスや加齢によるシミにも効果的にアプローチができます。

 

 

また、生薬の作用により、ニキビや肌荒れ対策、冷え症の改善など
シミ予防以外にも、優秀な健康や美容効果が実感できるのが大きな特長です。

 

実績のある製薬メーカーが開発しており信頼性や口コミの評価も高い、
大変コスパに優れた、今一番人気のシミ予防薬となっています。

 

 

ロスミンローヤル

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

ロスミンローヤルの口コミ体験レビュー|お店の対応やシミ取り効果

ロスミンローヤルとは

 ロスミンローヤル 画像

 

アインファーマシーズが製造しているシミ・小じわに効果的な商品です。
日本で唯一その効能が認められているという
期待度の高い商品なんですよ。

 

 

今回ご紹介する口コミレビューは、40代の女性が書き込まれたものになります。
それでは、内容を見てみましょう。

 

 

ロスミンローヤルの体験レビュー

 ロスミンローヤル レビュー 画像

 

私は、40代半ばの女性で普通の会社で働いている社員です。
2人の子供がいるので、時短で仕事をしています。

 

以前からシミが気になっていて、今回シミ予防薬として人気の高い
ロスミンローヤルを試してみたので、レビューを書きました。

 

 

ロスミンローヤルを買ったわけ

 ロスミンローヤル レビュー 画像

 

公式ホームページに効能が認められた商品だと書いてあったし、
それが国内唯一だというのですから、効き目があるのでは?
そう思ったからです。

 

 

ロスミンローヤルを買う動機として最初に考えたのは
やっぱり価格ですね。

 

初回限定で半額で購入出来たのは助かりました。
最初から高いお金をかけるのはさすがに抵抗ありましたし…。

 

それに、定期コースもお得だと思ったんですよね。

 

ロスミンローヤル レビュー 画像

 

送料無料になるし、継続回数の縛りもないんです。
つまり、いつでも止められるということです。

 

止めることが前提で申し込むわけではありませんけど、
でも申し込みのハードルが下がったのは確かですね。

 

ロスミンローヤル レビュー 画像

 

だから、初めての購入でしたけど定期コースにしましたよ。
単品で買うよりもずっとお得です。

 

なお、ロスミンローヤルの販売会社であるアインファーマシーズの
公式通販ショップから買いましたが、
買い物もスムーズに出来て良かったです。

 

 

到着したロスミンローヤル

 ロスミンローヤル レビュー 画像

 

注文してから到着までスムーズだったと思います。
手元に届くまで3日でしたから、すぐに届いたな!と、思いました。

 

発送方法は宅急便です。
外出が多い方は日時指定をしっかりした方がいいかもしれません。

 

でも、メール便ではないので到着まで安心して待っていられます。

 

 

↓到着したロスミンローヤルがこちら↓

 

 ロスミンローヤル レビュー 画像

 

 

中を開けてみると、傷がついていたり割れていたりもありません。

 

 ロスミンローヤル レビュー 画像

 

シミ予防サプリや美容関連の商品を通販で購入した時のように、
いらないパンフレットやチラシがなかったのが好印象です♪

 

結局あまり読まずにゴミになってしまうことが多いですから…。

 

 

ロスミンローヤルの成分と効果

 

商品と一緒に入っていた説明書を見ると、
成分もその分量もしっかりと明記されていました。

 

 ロスミンローヤル レビュー 画像

 

9種類の生薬

センキュウ
ハンゲ
ニンジン
トウキ
ローヤルゼリー
タクシャ
ブクリョウ
ソウジュツ
シャクヤク

 

ビタミン類

ビタミンB群
ビタミンE
アスコルビン酸(V,C)

 

アミノ酸

DL-メチオニン
L-システイン

 

 

こうして書き出してみるとたくさん入っていますね!

 

まずシミによく効くのはアスコルビン酸とL-システイン
お肌を綺麗にしてくれるのはシャクヤクとトウキ
それからローヤルゼリーだそうです。

 

この他の生薬やビタミン類もシミやシワに効くそうです。
生薬が入っているところが身体に優しそうですよね。

 

 

次に効果についてです。

 

シミ、そばかすの改善
ニキビ、肌荒れなどの肌トラブルの解消
冷え症の改善
妊娠、授乳期、肉体疲労時の栄養補給

 

 

など、肌に関することだけでなく健康面でも効き目があるんですね。

 

身体がだるいときや、風邪を引いたときにも
飲んでみようと思います!

 

あとは、肝斑を改善する作用もあるそうですよ。
シミって一言で言っても、色んな種類がありますし、
そういうところにも効果があるのは嬉しいですね!

 

 

ロスミンローヤルを飲みました

 

掌に乗せてみるとこんな感じです。

 

 ロスミンローヤル レビュー 画像

 

特に大きくもなく小さくもなく…。
一般的なお薬と同じ大きさだと思います。
錠剤が飲める人なら苦も無く飲めるんじゃないでしょうか。

 

因みに1回3錠/1日3回飲むそうですよ。

 

 ロスミンローヤル レビュー 画像

 

生薬が配合されているので、もしかして独特な臭いがするかも?
と、思ったんですがそんな心配もありませんでした。
全くの無臭です。

 

抵抗もなく飲めましたよ〜。

 

 

ロスミンローヤルを飲んでからの変化

 ロスミンローヤル レビュー 画像

 

第三類医薬品に分類されて、薬として扱われていますが、
風邪薬とは違います。

 

だから飲んですぐに改善されるということはありませんでした。
でも、確実に身体にいい変化があるなと感じたので、
そのことについて書かせていただきますね。

 

 

身体の変化

 ロスミンローヤル レビュー 画像

 

一番始めに気付いた変化は、冷え症が改善されたことです。
これは割と早くに感じましたね。

 

季節関係なく手足が冷えていることが多いのですが、
そう感じることが少なくなったんです。

 

寝る前に飲むと特にそう感じますよ。
身体が温かいまま眠れますのでぐっすりです!

 

 ロスミンローヤル レビュー 画像

 

それから、体調がいいなと感じる日が増えました。

 

これは疲労回復に効いているということかな?
家事、育児、パートと1日にやることが多くて
夕方にはぐったり…という日々が続いていましたが、
最近は夜まで元気です。

 

肩こり・腰痛は、今のところ変化がないので効果なし、かなぁ?

 

 

お肌の変化

 ロスミンローヤル レビュー 画像

 

やっぱり即効性はありませんね。
1ヶ月が経ちますが、劇的な変化はありません。

 

でも、確実に少しずつ変わっているのはわかります。

 

まずは、お肌が綺麗になったということ。
疲れが溜まっていたり、
手入れをサボるとすぐにニキビが出来ていましたが、
そういう肌トラブルがなくなりました

 

 

シミが完全に消えたわけではないし、濃いものもまだあります。
でも薄くなっているものもあります

 

濃いものはやっぱりしつこいということですね…。
これは継続して飲むことが大切ということでしょう。

 

お肌には新しく生まれ変わる周期があるそうですので、
気長に待ってみます。

 

 

それから肝斑について。

 

 ロスミンローヤル レビュー 画像

 

左右対称に出来るのが特徴なんだとか。
私のシミが肝斑かは正直わかりません。

 

でも、頬にあるものが薄くなっているので、
これがそうだとしたらちゃんと効果があるということですね。

 

 

ロスミンローヤルの安全性

 ロスミンローヤル レビュー 画像

 

飲んで身体に悪影響がないか、飲む前に心配がなかったと言えば
嘘になります。
薬に副作用はつきものですしね。

 

説明書に記載されていた副作用は
発疹、かゆみ、吐き気、下痢、便秘などがありました。

 

しかし、これらは用法用量が間違っていたりする場合が多く、
きちんと守って飲んでいれば副作用が起こる心配は
ほとんどないそうですよ。

 

 

あとは、妊娠・授乳期でも飲むことが出来ますが、
心配であればかかりつけの医師へ相談すること。
などが、書いてありました。

 

尿が黄色くなることもあるそうです。
でもそれは配合されているビタミンB2が原因だそうですので、
心配ないそうです。

 

 

ロスミンローヤルを使った感想

 ロスミンローヤル レビュー 画像

 

即効性があるわけではありませんが、
確実に効果があると感じられた商品です。

 

これからのお肌の変化が楽しみです!

 

1日3回飲むのは少し面倒ですが、
お肌が綺麗になっていくのを見ると苦になりませんでした。

 

女性だけでなく、肌トラブルに男性が飲んでみるのも
いいかもしれませんね。

 

 

 

以上、40代女性のロスミンローヤルレビューでした。

 

興味を持たれた方は、公式ホームページを覗いてみてはいかがでしょうか。

 

 

ロスミンローヤル


シミの原因はやっぱり紫外線だった?シミと紫外線の関係

シミ予防 コラム 画像

女性にとって紫外線はお肌の健康を保つ上で大敵です。
最近では、年齢にかかわりなく紫外線ケア
重点的に行っておられる方も多いと思います。

 

街中でも、もう不審者一歩手前のような重装備で、
出歩いておられる女性を見かけることも多いでしょう。

 

それだけ多くの人が予防しているのは、
やはりシミやシワなどの原因として
紫外線が挙げられているから
でしょう。

 

シミ予防 コラム 画像

 

特に夏場は、紫外線が気になるかもしれません。
紫外線とお肌の健康にはどのような関係があるのでしょうか?

 

今回は、シミの原因と紫外線の関係について調べてみました。
仕組みを知るなら、対策をどのようにすれば良いか
わかるかもしれません。ぜひ参考になさってください。

 

そもそも紫外線とは?

 

シミ予防 コラム 画像

 

紫外線とは私達が浴びている太陽光線のことです。

 

紫外線には、
エネルギーが強い順にUV-A、UV-B、UV-Cの3種類があります。

 

UV-Cは地球上には到達しませんので
ほとんど関係ありません。

 

日焼け止めの表示などでこれらを見かけたことがおありでしょう。

 

UV-Aは、肌を作っている一番奥の層まで達して、
繊維を傷つけます。
また、シミの原因となります。

 

シミ予防 コラム 画像

 

UV-BはUV-Aよりは弱いですが、
浴びると肌が赤くなり、これもまたシミの原因となります。

 

シミができる仕組み

 

肌は主に表皮と真皮に分けられます。
その表皮の中で、さらに4つの層に分かれています。

 

その中でも表皮の中の奥側の2つ、
ケラチノサイトとメラノサイトという部分がありますが、シミは、
一番奥のメラノサイトという場所が関係しています。

 

シミ予防 コラム 画像

 

まず、紫外線を浴びるとメラノサイトという所に
メラニンという色素を作るように信号が送られます。

 

そして、そのメラニンが細胞の中に溜まっていきます。

 

そして、メラニンでいっぱいになった細胞が次の表面に近い部分、
ケラチノサイトという場所に受け渡されます。

 

それにより、紫外線から細胞の核を守る働きをしています。
ですから、メラニンとは本来悪いものではなく、
私たちの肌細胞を守るために作られているものなのです。

 

シミ予防 コラム 画像

 

通常は28日のサイクルで行われると言われている
皮膚のターンオーバーにより、メラニンも剥がれ落ちていきます。

 

シミ予防 コラム 画像

 

ですから、日焼けなら約28日のサイクルで消える
という仕組みができているのです。
アカとして剥がれ落ちて行きます。

 

しかし、長時間紫外線を浴びたり、
強い紫外線を浴びるとメラニンが異常に作られます。

 

そしてターンオーバーのサイクルが、生活習慣や加齢により
乱れてしまうと、メラニンはたくさん作られるのに、
それがうまくはがれ落とすことができなくなります。

 

それが、色素沈着が進んだシミになってしまう、というわけです。

 

シミ予防 コラム 画像

 

つまり、紫外線の吸収により作られたメラニンに
ターンオーバーが追いつかなくなる時に
シミができる
というわけです。

 

大切なのはシミの原因となる紫外線を浴びないことですが、
そうもいきません。
ですから、紫外線対策はきれいな肌を保つ絶対条件といえます。

 

⇒ ページのTOPへ戻る

シミの原因は意外とホルモンバランスの乱れにあった?

シミ予防 コラム 画像

お肌のシミってすごく気になりますよね。

 

しっかりとケアしているつもりなのに、
鏡を見るとまた新しいシミが増えている。

 

こんな落ち込みから、
対策をする気力も削がれていくかもしれません。

 

どのように対策をすれば良いのかを知るには、
原因を知ることが一番の近道でしょう。

 

シミ予防 コラム 画像

 

シミの主な原因と言われているのは、紫外線です。

 

でも、紫外線だけではなく、ホルモンバランスの乱れが
シミの原因と言われていることをご存知でしたか?

 

ホルモンバランスの乱れからくるシミは、
紫外線が原因のシミとは対策や治療法が異なってきます。

 

ホルモンバランスの乱れがシミの原因となっている場合は
どのような特徴があるのでしょうか?
防ぐことはできるでしょうか?

 

ホルモンバランスとシミの関係について調べてみました。
ぜひ参考になさってください。

 

ホルモンバランスの乱れからくるシミは肝斑?

 

シミ予防 コラム 画像

 

肝斑という言葉を、お聞きになったことがありますか?
シミにはいろいろな種類があります。

 

そして、シミの原因がホルモンバランスによるものは、
肝斑と呼ばれています。

 

シミ予防 コラム 画像

 

肝斑には特有の症状や治療法があります。

 

最も多く見られる特徴は、左右の頬の骨に沿って広がるシミです。
シミ全体の面積はやや広く、顔がくすんで見えることがあります。
そして左右対称に生じ、目の周りにはできないのも特徴です。

 

そしてこの肝斑が発生するのは30代から40代の女性が多く、
閉経と共になくなる傾向にあるので、
女性ホルモンのバランスとの関係が大きいと言われています。

 

シミ予防 コラム 画像

 

女性ホルモンとシミとの関係は、はっきりとわかっていない
とはいえ、月経や妊娠、出産など女性ホルモンが
大きく変化する時ににできるので、
女性ホルモンが関係していると考えられています。

 

肝斑は治療できる?

 

肝斑の治療には、トラネキサム酸など
いくつか有効だと言われている成分があります。
紫外線によるシミとはまた異なります。

 

シミ予防 コラム 画像

 

しかし、シミが目立ち、ストレスになるとそのストレスが
また新たなシミを作り出してしまうことがあります。

 

ですから、あまり神経質になりすぎることも、
軽く考えすぎることもないようにしましょう。

 

早めに皮膚科に相談するなら、悪化を防ぐことができます。

 

予防という点では、
ホルモンバランスを整えるために規則正しい生活を行いましょう。

 

また体を冷やさないこと、
食生活も良いバランスを意識することで
ホルモンバランスを整えましょう。

 

シミ予防 コラム 画像

 

また自分のシミの原因はホルモンバランスの乱れが原因だから
といって、紫外線対策を怠ることは絶対にやめてくださいね。

 

⇒ ページのTOPへ戻る

若くてもシミ予防は必須!効果的な対策とは

シミ予防 コラム 画像

年齢と共に増えてくるシミ。多くの女性を悩ませています。
顔色全体が悪く見えたり、年齢を感じさせる原因ともなります。

 

シミが出てきてからケアすることももちろん大切ですが、
一番効果的なのは予防することでしょう。

 

後で後悔しても遅い。後悔先に立たずとはよく言ったものです。
ですから、シミ予防は若い方でも今から始めることが必要です。

 

長い間蓄積されたものが将来の肌に影響します。
できるだけ早い時期に始めましょう。

 

シミ予防 コラム 画像

 

シミ予防に効果的な対策として、様々な情報がありますが、
今回はその中の2つをご紹介します。

 

効果には個人差があると思いますが、シミだけではなく
肌の健康、また身体全体の健康にも良いことですので、
ぜひ参考にしてください。

 

紫外線対策は必須

 

シミの主な原因は紫外線です。

 

シミ予防 コラム 画像

 

他には加齢やシミの原因の乱れなどありますが、
一番手っ取り早く、また確実に効果のあるシミ予防は、
紫外線への対策でしょう。

 

紫外線は夏だけだと思っておられる方がいるでしょうか?
そうだとしたら、それは大間違いです。
基本的に、一年中紫外線は降り注いでいます。

 

冬でも毎日、日焼け止めを使用しましょう。

 

シミ予防 コラム 画像

 

そして、日焼け止めなら何でも良いというわけではありません。
選び方にもポイントがあります。

 

紫外線日焼け止めの、SPFやPAという表示
ご覧になったことがおありだと思います。

 

数字が大きければ、+が沢山付いていれば良いと思いがちです。
しかし、実は、数字が大きい方が良い、
+が多い方が良いというわけではないのです。

 

もちろん、それぞれの種類の違う紫外線に対する効果を
発揮しますのでどちらも必要なものです。

 

しかし、それほど紫外線浴びない時に強いものを使用すると、
紫外線はカバーできますが肌の負担も大きくなる
ということを忘れないようにしましょう。

 

シミ予防 コラム 画像

 

どの程度強いものが自分の活動に必要なのかに合わせて
使い分けをしましょう。

 

紫外線対策をしつつも肌をいたわった日焼け止めを使いましょう。

 

肌への負担もシミの原因となります。
シミ予防の一環として、肌への負担も考えていきましょう。

 

シミ予防には睡眠が大切

 

シミ予防 コラム 画像

 

お肌のターンオーバーがメラニンの量に追いつかなくなった時に、
シミが現れます。

 

ですから、お肌のターンオーバーをきちんと保つことが
シミ対策にとても有効なのです。

 

ゴールデンタイムという時間を聞いたことがあると思います。

 

成長ホルモンが出たり、
体の修復などに効果的なのは夜の10時から深夜2時までです。

 

その時間にぐっすりと眠れるようにしましょう。
そうするとお肌のダメージも修復されますし、
ターンオーバーが乱れないですみます。

 

シミ予防 コラム 画像

 

お肌のターンオーバーが最も活発な時間に寝ることは、
シミ予防として絶大な効果
があります。

 

シミ対策としてスタートしてみてはいかがでしょうか?

 

⇒ ページのTOPへ戻る

シミ予防に有効と言われているビタミン c の効果とは

シミ予防 コラム 画像

美肌を保つにはビタミンCが欠かせない!
フルーツにはビタミンCがたくさん入っているので、お肌に良い!
など、ビタミンCがお肌にいいということをよく耳にします。

 

そして、シミに悩んでおられる方も多いはずです。
年齢とともに増えていくシミ。鏡を見ると気づく新しいシミ。
本当に多くの女性の悩みとなっているでしょう。

 

しっかりとケアしているつもりでも、
意外と見落としていたかもしれない内側からのケア。

 

シミ予防 コラム 画像

 

化粧品や美容液には気を使っていても、
食べ物や体に取り入れるものには気を使っていない
という方は意外とおられます。

 

今回は、美肌に効果的だと言われているビタミンC
どのような効果があるのか?シミとどんな関係があるのか?
調べてみました。

 

これまで、内側からのシミ予防に気をつかってこられなかった方も、
ぜひ参考にしてみてください。

 

ビタミンCはメラニンの生成を抑えてくれる

 

シミ予防 コラム 画像

 

ビタミンCには皮膚を健康な状態に修復するという効果があります。
また、ストレスや睡眠不足などが原因で出来た、
体内の活性酸素が増えるのを予防します。

 

そして、シミに悩む方に一番嬉しい効果は、
メラニンの生成を抑えるということです。

 

そもそもシミの原因をご存知でしょうか?

 

シミは、メラニンが過剰に作られてしまい、
それに対し肌のターンオーバーが追いつかなくなった場合に
できるもののことです。

 

シミ予防 コラム 画像

 

つまり、メラニンの生成が抑えられて、
ターンオーバーが追いつかないほどメラニンが存在しなければ
シミはできない
のです。

 

ですから、メラニンの生成を抑えてくれるビタミンCは
シミ予防に絶大な効果があります。

 

そして、シミ予防されるだけではなく美白にも効果がありますよ。

 

ビタミンCを生活に取り入れよう

 

シミ予防 コラム 画像

 

これだけ効果があるとわかればビタミンCを
すぐにでも生活に取り入れたいと思われたことでしょう!

 

ビタミンCは食事から摂取することが出来ます。
またビタミンCが入っているシミ予防化粧水や美容液もあります。

 

可能なら、フルーツを食べたり、
ビタミンCがたくさん含まれたジュースなどがあるので、
それを飲むこともおすすめです。

 

シミ予防 コラム 画像

 

また、ビタミン剤などのサプリメントの使用もよいでしょう。

 

目安として1日1500mg以上摂取すると良いと言われています。
日本人の成人の平均からすればこの数字は、およそ15倍です。
これは、普通の食事ではとりいることがかなり難しいといえます。

 

ですから、サプリなどに頼るなら、
定期的にかつ簡単に取り入れることができるでしょう。

 

シミ予防 コラム 画像

またフルーツのように
価格変動に左右されないのでお財布にも優しいかもしれません。

 

 

シミ予防ができ、美肌や健康にも効果のあるビタミンC
ぜひ生活に取り入れましょう!

 

⇒ ページのTOPへ戻る

シミ予防に効果的な化粧品を賢く選んで美肌をキープしよう

シミ予防 コラム 画像

多くの女性を悩ませてきたシミ。
年齢と共にシミが増えた。
しっかりと対策しているつもりなのになかなか消えない。

 

そんな悩みを持つ女性は多いものです。

 

それを表すかののように、シミ対策の化粧品はたくさん存在し、
多くの人気商品があります。

 

様々なパックや美容液、化粧水などが販売されてきました。

 

シミ予防 コラム 画像

 

しかし、様々なコスメが販売されるにつれ、
どのように選べば良いのか分からない。一体何が効果があるの?
どんな成分がシミ予防に効果があるの?
と思っている方もおられるでしょう。

 

シミ予防の化粧品を賢く選ぶうえで、
少し参考になる情報について調べてみました。
是非役立ててみてください。

 

シミ予防の化粧品で大切なのは美白成分

 

シミ予防 コラム 画像

 

シミとはそもそも何でしょうか?
肌の表皮の細胞の中でできた、メラニンが関係しています。

 

このメラニンが、肌のターンオーバーを上回ってしまった時、
剥がれ落ちることができなくなり色素沈着を起こします。
これがシミです。

 

ですからシミ予防をする上で大切なのは、メラニンに対して
どのような働きをしてくれる成分か
ということです。

 

シミ予防をしてくれる化粧品、化粧水やパックなどには、
美白成分が含まれていることがほとんどです。

 

シミ予防 コラム 画像

 

この美白成分には 2つの作用があります。

 

1つはメラニン生成抑制作用というシミの元となる、
メラニンを作らないようにしてくれる働きです。

 

 

そして、2つ目にメラニン還元作用という
すでにできてしまったシミを薄くする効果です。

 

美白成分にはいくつかの種類があります。

 

この中には、メラニン生成抑制作用が強いものと、
メラニン還元作用が強いものの2つがあります。

 

ですから、目的に合わせて化粧品を選ぶことが大切です。

 

予防に力を入れるなら
メラニン生成抑制作用が強いものを選びましょう。

 

すでに出来てしまったシミを薄くしたいという方は、
メラニン還元作用が強いものを選びましょう。

 

シミ予防 コラム 画像

 

この中で、どちらにも効果があると言われているのが
ビタミン C誘導体という成分です。

 

予防もしたいし、今すでにできているシミも薄くしたい
という方には、ビタミンC誘導体が含まれている
コスメを選ぶことをお勧め
します。

 

是非化粧品を選ぶときには参考にしてみてください。

 

保湿も大切

 

シミ予防 コラム 画像

 

肌が乾燥して肌の状態が悪くなるとターンオーバーが乱れます。
それがシミの原因となります。

 

ですから肌が良い状態を保つためにも美白成分だけでなく、
保湿成分にも注意
しましょう。
肌がしっかりと潤うものがおすすめです。

 

そして、なにより自分に合った化粧品を選びましょう。

 

上記に挙げた点だけではなく
自分が続けていくことのできる値段で手に入るかどうか
なども大切です。

 

シミ予防 コラム 画像

 

安心できる成分が含まれているかも確認しましょう。
効果には個人差がありますが、
シミ予防として効果的な化粧品はたくさんあります。

 

皆さんが自分に合った化粧品を見つけられることを願っています。

 

⇒ ページのTOPへ戻る

 

シミ予防に効果がある食べ物とその栄養とは?

シミ予防 コラム 画像

多くの大人の女性を悩ますシミ。
最近では、男性でも気にされる方が多いようです。

 

肌が綺麗だと年齢を感じさせません。
また、顔全体がパッと明るくうつります。

 

ですから、シミを予防したいと思っておられる方は多いでしょう。

 

シミ予防 コラム 画像

 

しかし実際には、年齢とともにシミが増えたり、
紫外線ケアなどシミ予防をしているつもりでも、
鏡を見ると新しいシミが増えていたりと、
予防って意外と難しいものです。

 

美白成分の入ったシミ予防の化粧品、化粧水やパック、
美容液などを使っておられる方もおられるでしょう。

 

そのような、外側からのケアももちろん大切なのですが、
一度内側からのシミ予防について考えてみてはいかがでしょうか?

 

例えば、栄養素です。
どんな栄養素が、シミ予防やシミの改善に
効果があるのでしょうか?

 

それを知って、毎日の食事に取り入れてみるのはいかがですか?

 

シミ予防 コラム 画像

 

シミ予防に効果があるとされている食品と、
その栄養素、効果的な取り方などについて調べてみました。

 

美肌を保ちたいと思っておられる皆さん、
是非参考になさってください。

 

美肌になるにはやっぱりビタミン

 

ビタミンはお肌に良いということは、皆さんご存知でしょう。

 

シミ予防 コラム 画像

 

でも、ビタミンにはビタミンA、B、Cなど
いくつかの種類があります。
シミに効果的なのはどのビタミンなのでしょうか?

 

シミ予防にはビタミンA

 

ビタミンAは、パプリカや人参、
牛乳や卵などの食べ物に多く含まれているビタミンです。
どのような効果があるでしょうか?

 

シミ予防 コラム 画像

 

ビタミンAは、
シミの原因となるメラニンが沈着してしまうのを防いでくれます。

 

シミは、過剰に作られたメラニンが、
削ぎ落とされず残ってしまう場合、
肌に沈着してしまっておきます。

 

 

ですから、メラニンの沈着を防いでくれるビタミンAは
とても大切な栄養素
です。また日焼けしにくい肌にもなります。

 

このビタミンA生よりも
火を通して油と一緒にとるのが栄養がうまく吸収される
ので
おすすめです。

 

シミの改善にはビタミンC

 

ビタミンCが多く含まれている食べ物は、
みかんやレモンなどの柑橘系を含め、
キャベツやさつまいもなどです。

 

シミ予防 コラム 画像

 

ビタミンCは、肌のみずみずしさやうるおいを保ってくれるので、
シミを薄くする効果があります。

 

しかし、体内に長い間とどまる栄養素ではないので
定期的に取ることが必要です。

 

ビタミン以外にも効果ありの食べ物

 

ビタミンだけではなく、
リコピンをたっぷり含むトマトも効果的です。

 

シミ予防 コラム 画像

 

また、コラーゲンなどを多く含むうなぎ
シミ予防の効果的な食べ物として有名です。

 

一度にたくさんとるのではなく、
毎日定期的にシミ予防に効果のある食べ物を
取り入れるのがおすすめです。

 

そして、内側からのシミ予防によって美肌を手に入れましょう。

 

⇒ ページのTOPへ戻る

 

シミ予防に効果のある飲み物を毎日の生活に取り入れて美肌を保とう

シミ予防 コラム 画像

多くの人が悩まされているシミ。
その原因の一つは、紫外線といわれています。

 

年齢とともに増えていくシミ。
顔全体のイメージも暗くなりますし、できれば予防したい。

 

または、すでにあるものを消したいと思っておられる方は
多いでしょう。

 

シミ予防に光を当てた化粧品なども多く販売されています。
そういったものを使って、
外側からケアをしてあげることも必要です。

 

しかし、内側からのケアも本当に大切だということを
ぜひ一度考えていただきたいと思います。

 

シミ予防 コラム 画像

 

肌は、体の組織なので食べているもの、
飲んでいるものから作られている

と言っても過言ではありません。

 

シミのない綺麗な肌を保つために、
シミ予防の役に立つ飲み物があれば知っておきたい
と思われませんか?

 

今回は、シミ予防に効果的な飲み物をいくつか調べてみました。

 

そして、その飲み物に含まれている
栄養素についても調べてみました。

 

シミ予防 コラム 画像

 

シミを予防したいと思っておられる方、
改善したいと思っておられる方のお役に立てれば嬉しいです。
ぜひ参考にしてみてください。

 

一番有名?コーヒー

 

美容にはあまり良くないというイメージが
定着してしまったコーヒーですが、
最近では健康効果が認められています。

 

シミ予防 コラム 画像

 

ガンを防いだり、血糖値や血圧の低下に効果がある
という生活習慣病に対する効果が認められ始めています。

 

シミ予防に効果的な成分として、
ポリフェノールという成分があります。

 

強い抗酸化作用を持っているので、
肌のターンオーバーを規則正しく保つことを
サポートしてくれます。

 

ある研究によると、1日250mg以上のコーヒーポリフェノールを
摂取している人はシミが少なかったという結果が出ています。

 

ポリフェノールを含む食べ物や飲み物は他にもありますが、
毎日気軽に取り入れられるものとしてコーヒーがおすすめです。

 

もちろんインスタントコーヒーでも構いません。
意識して、1日2杯是非スタートしてみてはいかがでしょうか?

 

シミ予防 コラム 画像

 

緑茶

 

同じくポリフェノールがたっぷり含まれている緑茶は、
シミ予防に効果的です。

 

また、ビタミンCも含まれているので、
肌をみずみずしく保つ効果もあります。

 

ローズヒップ

 

シミ予防 コラム 画像

 

ローズヒップビタミンCをたっぷり含んでいます。
熱に強いビタミンCが含まれているので、
おいしくティーとしていただいても問題ありません。

 

アセロラジュース

 

アセロラにはポリフェノールがたっぷり含まれています。

 

また、アントシアニンやケルセチンなど
目にも良い成分が含まれています。

 

アセロラに含まれているアセロラポリフェノールという
ポリフェノールの一種には、シミを薄くする効果や
メラミン生成を抑制する効果がある
と言われています。

 

シミ予防 コラム 画像

 

コンビニやスーパーなどでもよく見かけるアセロラジュース。

 

飲みやすく美味しいので、試したことがないという方は
一度試してみてはいかがでしょうか?

 

このようにシミ予防に効果のある飲み物はいくつかあります。

 

この他にも、アップルティーやブドウジュースなどが効果的です。

 

シミ予防 コラム 画像

 

生活に取り入れやすいものばかりです。
毎日、朝食の時に飲む、寝る前に飲むなど
定期的に取れるように意識的な努力をしましょう。

 

 

栄養素は体内にずっとはとどまりません。
毎日とることが大切です!

 

⇒ ページのTOPへ戻る

 

シミ予防に効果のある医薬品はどれ?

シミ予防 コラム 画像

多くの女性たちを悩ませているシミ。

 

男性の中にも、シミに悩んでおられる方が
少なからずいることでしょう。

 

年齢を感じさせ、顔全体の雰囲気も暗くしてしまうシミ。
何とかして予防したいと思いますよね。
シミ予防には様々な方法があります。

 

シミ予防に効果があるというパックや美容液、化粧水などの
コスメを試すこともできます。

 

そういった外側からのケアももちろん大切です。

 

しかし、忘れてはならないのは外側からのケアだけではなく、
内側からもケアすること
です。

 

シミ予防 コラム 画像

 

シミ予防は、外側からのケアと内側からのケアの
2本の柱が両立して、初めて大きな効果をなすのです。

 

では、内側からのケアはどのように行えば良いのでしょうか?

 

シミ予防に効果のあると言われている食べ物や飲み物を、
毎日の食事に取り入れることができます。

 

そして、それに加えてドラッグストアや薬局で購入できる
市販のサプリを飲む
こともできます。

 

シミ予防 コラム 画像

 

さらに、飲み薬などの医薬品を用いて必要な栄養を取り入れたり、
肌のターンオーバーを促進することができます。

 

色々な商品がありますが、今回はおすすめのシミ予防の商品
ひとつにしぼってご紹介します。

 

内側からのケアに力を入れたいと思っておられる方の
お役に立てれば嬉しいです。ぜひ参考にしてください。

 

ロスミンローヤル(アインズ&トルペ)

 

ロスミンローヤル 画像

 

テレビ番組でも紹介され、いま話題の女性用保健薬
ロスミンローヤル。こちらはサプリメントではなく、
効能や効果がはっきりと認められている医薬品です。

 

シミ予防 コラム 画像

 

通販限定で購入することができます。
9種類の生薬成分が含まれていて、
新陳代謝や水分の調節に働き血液の流れを改善してくれます。

 

シミ予防 コラム 画像

 

またビタミン類が多く含まれているので、
シミ予防への効果があります。

 

シミ予防だけではなく小じわや肌荒れ、冷え性など
女性の多くが抱える悩み全てに対応しているこちらの商品。

 

雑誌などでも紹介され、今話題の人気商品です。

 

シミ予防 コラム 画像

 

約1か月飲み続けることで効果を感じる人が多いそうです。

 

ただ、注意するべき点としてこれはサプリではなく医薬品です。
妊娠している人や持病のある人は、
医師に相談することが必要です。

 

また用量を越えてたくさん飲むことはできません。
決められた量を守って飲みましょう。

 

諦めていたシミやシワが消えた!
新しいシミを見つけなくなった!
見た目年齢が変わった!

 

シミ予防 コラム 画像

 

という嬉しい口コミもたくさん見受けられます。
一番おすすめしたい商品です。

 

楽天やamazon などのインターネット通販では、
一部取り扱いがあるようです。

 

しかし、公式サイトからの申し込みが一番お得でしょう。
定期コースなどが選べるからです。
今まで諦めていた方も一度、是非試してみてください。

 

⇒ ページのTOPへ戻る

 

シミ予防には皮膚科の受診がおすすめ?

シミ予防 コラム 画像

多くの人を悩ませてきたシミ。
鏡を見るたびに新しいシミが増えた。

 

顔のトーンがだんだんと暗くなる。
しつこいシミは一度できるとなかなか消えるものではありません。

 

そこで、皮膚科に行ってレーザー治療や服薬によって
治療したことがあるという方もおられるでしょう。

 

シミ予防 コラム 画像

 

皮膚科といえば確かにシミができて、
どうしようもなくなってから行くイメージがあります。

 

でも本当は皮膚科医がお勧めしている方法は、
できるだけ早い段階で、今あるシミを薄くしながら、
新しいシミ予防をすること
なのです。

 

自分の判断で様々なケアをすると
皮膚トラブルを引き起こしてしまい、
かえって悪くなることもあります。

 

シミ予防 コラム 画像

 

またあれこれ手を出しているうちに費用がかさむ
ということも考えられます。

 

一度皮膚科の受診をシミで悩む皆さんにお勧めしたいと思います。

 

皮膚科でのシミ治療は、予防にも効果があるって本当でしょうか?

 

皮膚科とシミ予防、シミ治療という点に絞って調べてみました。
ぜひ参考になさってください。

 

治療にも予防にも効果が絶大なハイドロキノン

 

シミ治療の塗り薬として有名なハイドロキノンという成分を
高濃度で含んだクリームを皮膚科では処方してくれます。

 

ハイドロキノンとは何でしょうか?
ハイドロキノンには、強い還元作用があると言われています。

 

シミ予防 コラム 画像

 

写真の現像に使われる成分で、作業をしていた人の手が
白くなったということから美白効果があるのではないか
と考えられたのが始まりだそうです。

 

そもそもシミはどのようにしてできるのでしょうか?

 

表皮の皮膚の表皮の一番奥の部分
メラノサイトというところでメラニンという色素が作られます。

 

紫外線を浴びた時にメラニンが作られますが、
過剰に作られてしまった場合、肌のターンオーバーでは
削ぎ落とすことができず残ったメラニンが
シミとなって肌の表面に現れます。

 

シミ予防 コラム 画像

 

ですから、メラニンが過剰に作られることさえしなければ
シミはできないのです。

 

このハイドロキノンには、メラニンを作る酵素を邪魔して、
メラニンを作る量を減らしてくれるという作用があります。

 

それで、シミ予防に確実に効果があるとされています。

 

もちろんですが、これはシミの治療薬です。

 

ですから、出来てしまったシミのメラニン色素還元する
という作用
があります。

 

シミ予防 コラム 画像

 

これによって、既にあるシミに大きな効果が期待できます。

 

ただ、この薬には強いアレルギーがある人もいるので、
必ずパッチテストを行いましょう。

 

また、自分が処方されていないのに使うということは
絶対にしないでください。

 

これはすでにできたシミに対して処方される薬なので、
すでにシミがある人でないと処方してもらえないことが
多いと思います。

 

どうしても欲しいという人は皮膚科に
その事を相談してみてはいかがでしょうか?

 

シミ予防 コラム 画像

 

予防という意味で出してくれる皮膚科医もおられるかもしれません。

 

そして、薬だけに頼るのではなく、
紫外線対策や生活習慣食習慣を正しく保つことによって、
皮膚の健康だけではなく身体全体の健康を保ちましょう。

 

そうすることでシミ予防ができ内側からキレイになります。

 

⇒ ページのTOPへ戻る

 

シミ予防に効果があるおすすめのケア

シミ予防 コラム 画像

年齢と共にシミが増えてきた。顔のくすみやシミ、シワなど
年齢が現れやすいものなのでケアしたいですよね。

 

また、今はまだシミに悩まされていない人でも
シ10年後20年後の肌の状態を考えてミ予防に力を入れている
という方もおられると思います。

 

シミ予防 コラム 画像

 

様々な方法に効果があるとして知られていますが、
実際には自分に合った方法を見つけるまでに
時間がかかることもあります。

 

そこで今回はおすすめの方法について、
外側からのケアだけではなく内側からのケアにも
注意を向けてみました。

 

シミ予防 コラム 画像

 

シミに悩む中高年の方々、
またこれからシミ予防をしていきたいと思っている若い方々の
助けになれれば嬉しく思います。是非参考になさってください。

 

まずは定番外側のケア

 

紫外線対策

 

シミ予防の対策として一番有名な、
そして一番おすすめなのが紫外線対策です。

 

紫外線対策がシミ予防に効果があると言われている理由には
シミができるメカニズムと関係があります。

 

シミ予防 コラム 画像

 

シミはどのようにしてできるのでしょうか?

 

肌は紫外線を浴びると、肌の表皮の奥の層で、
メラニンという色素を作ります。

 

肌のターンオーバーが追いつかなくなった場合、
過剰に作られすぎた色素が残ってしまいます。
それが、肌の表面に現れシミとなるのです。

 

ですから、シミを防ぐにはメラニンという色素が
過剰に作られない状況を作らなければなりません。

 

つまり、紫外線を浴びる=メラニンが作られるのです。

 

シミ予防 コラム 画像

 

紫外線を浴びない、浴びるとしても日焼け止めや日傘、
帽子などによって、できるだけ肌に直接到達しないよう

注意が必要です。

 

日焼け止めもその活動内容に合わせて、
肌に負担のないものを選ぶ必要があります。

 

強ければ良い、ではなく
日焼け止めも正しく選ぶことをおすすめします。

 

保湿

 

シミ予防 コラム 画像

 

肌の乾燥はあらゆるトラブルのもとです。
保湿はしっかりと行うのがおすすめです。

 

意外と見落としがち?インナーケア

 

サプリメント

 

シミ予防 コラム 画像

 

シミ予防に効果のある栄養素はいくつかあります。

 

食べ物や飲み物によって生活に取り入れることができます。
でも多くの場合、シミ予防に効果がある量まで達するには、
かなりの努力が必要です。

 

そして野菜やフルーツなどに含まれている栄養素の場合、
価格変動があるので財布にも優しくありません。

 

そんな時におすすめしたいのがサプリです。
シミ予防に特におすすめなのはビタミンです。

 

 

ビタミンを含むサプリはドラッグストアなどで
購入できますからぜひ取り入れてみましょう。

 

医薬品

 

サプリとは違い、効果がはっきりと証明されているもの
医薬品と言われています。

 

シミだけではなく、シワや女性特有の悩みに対応した飲み薬
多く販売されているのでおすすめです。

 

シミ予防 コラム 画像

 

自分に合ったものを探して生活に取り入れてみるのは
いかがでしょうか?

 

外側からのケアだけではなく、内側からのケアをおすすめします。

 

なぜなら肌は、体の一部なので、食べたものや飲んだもの、
体に取り入れるものからできているからです。

 

シミ予防 コラム 画像

 

外側からのケアももちろんですが、
今まで見落としていた方も是非インナーケアによって
シミ予防を効果的に行いましょう。